施工事例

ログハウスのような木の薫り漂う家

犬山市 T様邸

【玄関・三和土】

壁、天井にも木の板を貼った玄関は木の薫りが漂い、外観とはまた違ったログハウスのような雰囲気を味わうことができます。シューズクロークを設けることで靴箱を置かず、広くすっきりとした玄関をつくりだしています。また、扉にも同じ板を使い、インテリアに馴染む仕上がりとなっています。また、玄関横には三和土(たたき)が配置され、玄関をより明るく、広く見せることができます。また、和室との続きになっていることもあり、縁側のようなほっと和む場所としても重宝します。三和土の奥には収納を設け、掃除用具や生活用品などを収納できるスペースとなっています。

【LDK】

勾配天井を利用した開放感のあるリビングは玄関と同じく一面に木の板を貼りログハウスのような空間を楽しむことができます。造り付けの収納は腰ぐらいの高さとして上部に窓を取り、明るく風が通せるよう設計しました。また、このカウンター収納を利用することで、リビングに生活感を感じさせないようにすることもできます。リビングから2階へと続く階段には踊り場部分にピアノを置けることや、上がり口をRの形状で仕上げることで、優しい印象を感じることができます。キッチン床にはタイルをつかい、水回りの汚れを取りやすくしており、1枚板で仕上げたカウンターでは、軽食や、子供の勉強机としても活用することができます。

【和室】

二間続きの和室には、天井を杉の板貼りと化粧梁で仕上げることで、和室を単調にみせない工夫がされています。部屋の境には欄間障子をつけて奥の和室が暗くならないようにし、同時に風も通せるようになっています。また、間仕切りの3本引きの扉は全て収納できるようになっており、和室二間が一体の部屋として利用できるようにもなっており、法事や、ご家族、ご親戚が集まる際には使い勝手の良いお部屋へと変わります。

【トイレ】

広く、開放的なトイレには、座る位置に支障が無いように加工した積層材と陶器のボウルで手洗いをつくり、豪華さを感じられる中にも使い勝手の良い空間に仕上げています。また、手洗下部には収納スペースを確保し、トイレットペーパーやブラシなどを収納できるようになっています。

【2階 ホール】

階段を上がった先には、手洗い場と明るいホールが備わっています。ダイニングを望める吹き抜け部分には2階からの光が入るよう格子状の手摺を採用し、明るいダイニングをつくだしています。

【2階 寝室】

勾配天井で仕上げた開放感のある寝室には、リビング吹抜けからの明かりがとれるよう小窓を設けています。また、小屋梁や束、火打梁などをみせるこで、インテリアのアクセントとして木の風合いを感じられるような仕上がりとなっています。