施工事例

三和土と飾り棚の拘りの家

羽島市 S様邸

【三和土】

玄関横にはモデルハウスと同じ三和土(たたき)があります。玄関の空間をより広く見せることができ、南の大きな窓からの光を感じて、縁側のようなほっと一息つける場所としても利用できます。また、三和土の床材にはカラマツを使い素足でも気持ちい仕上がりとなっています。

【玄関ホール】

玄関正面には坪庭の望める大きな窓をとることで、玄関ホールをさらに明るくすることができ、木々を植えれば四季折々の表情を見ることもできます。また、玄関ホールにはRの形状で仕上げた飾り造作があり、朱色のラインを加えることでRのラインをより際立たせ、玄関をより豪華に彩る仕上がりとなっています。

【リビング】

サクラの無垢フローリングを使ったリビングには、塗装を施したモダンな化粧梁を備えています。リビングのインテリアのアクセントになることはもちろん、天井も高くなっているので、開放感を感じることができます。

【マルチスペース】

リビングの一角には階段をつけて小上がりにしたスペースがあります。パソコンのコーナーとしての用途はもちろん、お子様の勉強机としても使用できます。目隠しの格子をつけることで、丁度いい閉塞感を生み出し、机下のエンジ色の壁は、足が当たる部分ということで固い素材の塗り壁を仕上げ、アクセントにモダンな色合いをつけています。

【トイレ】

木の薫り漂うトイレには、無垢の桧のカウンターに陶器の手洗ボウル、腰板には同じく桧の羽目板を貼り、リラックス効果や消臭効果、調湿効果をもたらす快適な空間となっています。また、一面他の色の壁に仕上げることで、和に偏り過ぎずモダンな印象を感じさせるインテリアとなっています。

【寝室】

市松柄にデザインされたタタミは、一面色を変えた壁と間接照明の雰囲気がバランスよく仕上がっています。また、枕元には上開きの収納を設け、寝具や趣味用品など多目的に収納をすることができます。

【和室】

柱を見せて長押を備えた純和風な造りの和室は、南北に大きな窓を取り、明るく風通しの良い空間となっています。また、床の間には丸い飾り窓を設けて、趣向を凝らした明るい床の間に仕上がっています。